やる気を高める方法

やる気を高める方法

モチベーションとは

モチベーションとは、人間に行動を起こさせる理由として考えられ、目的や目標を再認識させる上で効果的な要素です。アスリートは、努力の継続、試合や練習への意欲などを高める時に、モチベーションが重要な要素を占めます。なぜ自分は努力しているのか、なぜ自分は課題に取り組んでいるのかを明確にする機会でもあります。

このモチベーションには、内発的なモチベーションと外発的なモチベーションがあり、心理学の理論では内発的なモチベーションを所有することで目標の達成率が高まることがわかっています。

外発的モチベーション

このモチベーションが、あなたの心のどこかにあると成功から遠ざかってしまう。例えば、先生から怒られるから勉強するとか、上司から怒られるから仕事をしているとか。先生や上司がいなくなったら、あなたは何もしない人間になってしまいます。

このような外発的なモチベーションは、あなたの環境によってあんたの行動が変わってしまうのが問題です。彼氏のために運動を続けて、ダイエットしている。運動は健康にも心にも良い影響を与えるのは間違いないです。ですが、彼氏と別れてしまったら、途端にダイエットを中止してしまいます。なぜなら彼氏という外発的なモチベーションがなくなるからです。

内発的モチベーション

外発的モチベーションとは裏腹に、内発的なモチベーションでは純粋な気持ちが大切です。スポーツが好き、楽しい、運動した後の達成感が良い、チャレンジが楽しい、コツコツと努力するのが楽しい。などなど。毎日の努力に前向きに向き合えるようなモチベーションを保つことで、目標達成への道は大きく開けます。

目標設定を行う

フィットネスのモチベーションを高めることは、とても重要なことです。モチベーションの高め方として、目標設定が挙げられます。目標設定は、結果、プロセス、日ごと・週ごと・月ごと・年ごとの目標をに要素分解することで、心理的な準備や予習を計画的に実行することができます。自分が何をするべきなのかを明確にすることで、自信を持って行動に移すことができ、モチベーションアップへとつながります。

自分に罰を与える

自分に罰を与える方法は、自分をコントロールしたり制限したりする上で有効な方法です。目標を設定した後に、それを達成できなかったら、何かしらの罰を自分に与えるのです。背後から何かが迫っている感覚は、人間にモチベーションを与えることができます。

逆に、自分にご褒美を与える方法もあります。そのご褒美のために努力するのです。外発的なモチベーションであるので、できれば避けたいものですが、うまく活用することができれば、間違いなく有効な方法です。「今日1日炭水化物を我慢できたら、明日クッキーを食べられる」というように、達成しやすい課題と具体的なご褒美を考えることで、目標の達成率が高まります。

主役は自分だと認識する

明確なゴールとプロセスを作成した後に、内発的なモチベーションを開発し、目標に向かって進んでいくためには、毎日を工夫して生活しなければいけません。そのためには自分が主役であること認識する必要があります。具体的には、セルフコントロール能力を高めて、ピンチの場面での対処法を考えて行動できる人間を目指すということです。

有名人や偉人の言葉で、「人生の主役は君だ」なんて言われることがあります。その言葉は名言のように聞こえますが、ごく普通の言葉であることを知る必要があるのです。あなたの人生はあなたしかコントロールできないし、他人の人生をあなたはコントロールできない。あなたの人生では、必然的に「あなた」が中心になって動くことになります。

主役はあなたです。それを認識して生活しましょう。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください