ワンハンドダンベルロウのやり方

筋トレ名ワンハンドダンベルロウ
鍛える部位広背筋(背中)
大円筋(背中)
僧帽筋(背中)
菱形筋(背中)
レベルビギナー
難易度易しい
オススメ度★★★★★ 5/5
マスト度★★★☆☆ 3/5
そんなあなたにビギナー
女性トレーニー
背中の厚みが欲しい方

ワンハンドダンベルロウのやり方

❶ 準備とスタートポジション

・片手にダンベルを持ち、反対側の手と反対側の膝をベンチの上に乗せ、上半身を床と平行にします。

・ダンベルを持っている手を床の方面に脱力で下ろします。これがスタートポジションです。

❷ 動作

・肩甲骨を寄せながら、ダンベルを腹部のまで引き上げます。

・ダンベルを下ろしてスタートポジションを取ります。

❸ 呼吸法

・ダンベルを引き上げるときに息を吸い、下ろすときに息を吐きましょう。

フォームチェックリスト

❶ 肩甲骨を動かしているか。

この背中のトレーニングでは、肩甲骨を開いて閉じてを繰り返します。ダンベルを下ろしている時は肩甲骨を開いて、ダンベルを引き上げている時は肩甲骨を寄せます。

❷ 脇を閉じているか。

肘が外に向いたり、脇が開いていると、三角筋(肩の筋肉)にも刺激が入ってしまいます。脇は閉じた状態で行いましょう。

❸ 背中が丸まっていないか。

背中が丸まっている状態は、肩甲骨が開いている状態になります。解剖学上、肩甲骨が寄せられている状態でなければ、広背筋を最大収縮させることはできません。背中は丸めずに、腰を反った状態を保ちましょう。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください