スカルクラッシャーのやり方

筋トレ名スカルクラッシャー
鍛える部位上腕三頭筋(二の腕)
レベル中級者
難易度やや難しい
オススメ度★★★★★ 5/5
マスト度★★★☆☆ 3/5
バリエーションEZバー
ダンベル
インクライン
そんなあなたに腕を太くしたい方
中級者トレーニー

スカルクラッシャー

上腕三頭筋(二の腕)のトレーニング種目です。

上腕三頭筋を鍛えるには、プッシュダウンやフレンチプレスやキックバックなど、様々な種目があります。このスカルクラッシャーはやり方は容易に習得できますが、いざ重量を重くするとフォームが崩れやすい種目です。ですが、ピンポイントで上腕三頭筋に刺激を与えられるので、どんどんメニューに取り入れて練習を重ねましょう。

力こぶよりも二の腕の筋肉のほうが、腕の多くの筋肉を占めています。腕を太くするために、アームカールなどの上腕二頭筋(力こぶ)を鍛える種目だけをやっていては、腕が太くなるのを実感するのはむずかしいでしょう。

スカルクラッシャーにはバリエーションが幾つかありますが、イージーバーを使うことをお勧めします。通常のバーベルとは異なり、W字型に曲がっているEZバーを使うことで、手首への負担が大幅に減ります。そして、筋肉にも刺激が入りやすくなります。

スカルクラッシャーのやり方

❶ 準備とスタートポジション

・膝の上に、EZバーを乗せて、EZバーの内側のグリップを握ります。

・握ったまま、倒れるように仰向けになり、バーを肩関節の真上まで挙上します。

❷ 動作

・肘の位置がブレないように固定して、上腕三頭筋(二の腕)への刺激を感じながら、頭上にバーを下ろしていきます。

・バーを下ろして二の腕のストレッチを感じたところで、肘を伸ばしてスタートポジションまで戻っていきましょう。

・反復が終わったら、勢いをつけてバーと一緒に上体を起こしていきます。

❸ 呼吸法

・バーを下す局面で息を吸い、挙上する局面で息を吐きます。

フォームチェックリスト

❶ 腕は地面と垂直の角度を維持しているか。

この筋トレでは、肘の位置を固定してブレないようにすることがとても重要です。腕が地面と垂直になるようにして、その時の肘の位置を固定して、反復中に前後にブレないようにします。

❷ 脇を締めているか。

肘が外側に開かないようにして、脇を締めるイメージを持ちます。脇が開いてしまうのが、スカルクラッシャーで最も起こりやすい間違いです。または、トレーニング終盤になりフォームが崩れて、脇が開いてしまいます。スカルクラッシャーでは、フォームが崩れて脇が多少開いても構いませんが、関節の痛みがある場合はすぐにやめましょう。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください