ケーブルクロスオーバーのやり方

筋トレ名ケーブルクロスオーバー
鍛える部位大胸筋
三角筋前部
レベル中級者
難易度普通
オススメ度★★★★☆ 4/5
マスト度★★★★☆ 4/5
そんなあなたにビギナー
中級者
大胸筋筋肥大を目指す方

ケーブルクロスオーバー

ケーブルクロスオーバーは、大胸筋(胸)のトレーニング種目です。

◉大胸筋全体を最大まで収縮するトレーニングで、主に大胸筋下部に強い刺激が入ります。このトレーニングでは、大胸筋の、ストレッチと収縮がとても強いため、微細な筋繊維を破壊できるのです。そのため、フィニッシャーエクササイズ(追い込み種目)として用いられることが多く、筋肥大に効果があります。

大胸筋の肥大には欠かせないトレーニングと言っても過言ではないでしょう。

ケーブルクロスオーバーのやり方

❶ 準備とスタートポジション

・左右のケーブルの先端にハンドルを取り付けます。

・左右のハンドルを握って、マシンの中央に立ちます。

・上半身をやや前傾させて、肘をわずかに曲げた状態で両腕を開きます。これがスタートポジションです。

❷ 動作

・左右のハンドルを下向きに引き寄せ、腹部の前で両手が軽く触れるところまで移動させます。

・ハンドルの軌道は、曲線を描くようにして、動作中には、前腕部とケーブルが常に平行になるようにします。

・ハンドルを中央まで持ってきたら、ゆっくり左右に開いていき、スタートポジションに戻ります。

❸ 呼吸法

・ハンドルを閉じる時に息を吐き、腕を開く時に息を吸います。

フォームチェックリスト

❶ 背中が丸まっていないか。

上半身を前傾しますが、背中を丸めてはいけません。背中が丸まっているのは、肩甲骨が開いている状態と同義であり、肩甲骨が開いていると、大胸筋への刺激が弱くなってしまいます。

❷ ケーブルから離れすぎていないか。

ビギナーの方にありがちなミスです。ハンドルを握ってどんなにケーブルから離れても負荷は変わりません。ケーブルマシンよりも1歩または2歩前に出るくらいでちょうど良いでしょう。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください